【大麻で稼ぐ】1470億円の大麻市場が誕生【バージニア州】

こんにちは、焚麻です。

 

今回は、

1470億円規模の大麻市場が誕生するということで、

  • なにが起こったのか?
  • その結果どうなるのか?
  • どのような経済効果があるのか?

などについて、カナダの大学でビジネスを現役で勉強している大麻好きの僕が、記事を翻訳したので解説をしていきます。

 

この記事は、僕が毎日発行していて、約70名に読まれている完全無料のメルマガ” 1日1分で世界の大麻ニュースがわかるメルマガ”でも、配信しました。

毎日お昼の12時に世界の大麻ニュースが届くので、ぜひ登録してみてください。

 

無料で大麻について学ぶ1日1分で世界の大麻ニュースがわかるメルマガ

 

こちらの記事は、Virginia governor signs recreational cannabis billという記事を、翻訳してまとめたものです。

 

✅ 結論:バージニア州知事が、合法的に大麻を販売できるようになる法案に署名をした

 

なにが起こったのか?

バージニア州の知事、ラルフ・ノーサムが成人用(嗜好用)大麻の法案に署名した

その結果どうなるのか?

2024年1月1日から大麻販売店を合法的に営業できるようになった。大麻の所持と、自宅での栽培は、今年の7月1日から可能ということが少し前の法案で可決されていた。

どのような経済効果があるのか?

大麻ショップの市場は14億ドル(約1470億円)にのぼると予想されており、マリファナビジネスデイリーの推測によると、最初の1年間で4億ドルから5億ドル(約525億円)の売り上げ、5年目までに12億ドル〜14億ドルの売り上げが予想されている。

補足

大麻所持と自宅での大麻栽培の合法化も本来はもっと先の予定だったが、今年の7月まで早まったのと同じように、大麻合法化支持者は大麻販売店を合法的にもっと早い段階で営業できるように促進し続けるとのこと。

まとめ

バージニア州知事が、合法的に大麻を販売できるようになる法案に署名をしたので2024年1月1日から販売が可能になり、その市場は1470億円にまでなると推測されている

こちらの記事は、翻訳したものです。

日本国内においての大麻所持や栽培、譲渡は犯罪なので絶対にやめましょう。

 

とはいえ、日本では大麻の成分を摂取できない。

というわけではなく、CBDという大麻から取れる成分は種や茎から取れた成分に限り、使用することが許可されています。

そもそもCBDとは?

CBDには、

  • リラックス
  • 不眠症改善
  • ストレス解消
  • 気分の落ち込みを和らげる

などの効果があると海外のたくさんの研究で言われています。

CBDよりも大麻の方が効果的?

CBDは大麻から採れた成分で、大麻にはCBDよりも様々な効果があるということも最新の研究ではわかっています。

僕は大麻を日本で合法にしたいけど、すぐは無理なので、まずはCBDから広げるために、日本で合法なCBDを販売しています。

そして1年後にはカナダで大学を卒業するので、そのあとは大麻ビジネスで起業することを予定しています。 

CBD NEOとは?

CBD NEOは、大麻が合法なカナダに移住をして何十種類もの大麻を吸った大麻好きの僕が、「味と効果にこだわった"日本で吸いたいCBD"をコンセプトに立ち上げたブランドです。

 

完全に合法なCBDをよかったら試してみてくださいね!

 

⬇️初めての方専用のお試しクーポン

クーポンコード:CBDNEO1

 

🔻おすすめCBD VAPE

 

読むのが面倒と感じる方のために、動画でも解説しています。

 

【CBD NEO】

Twitter: @neo_cbd

Instagram: @cbd_neo

CBD SHOP: cbdneo.jp

公式ライン: CBD NEO

 【焚麻】

Twitter: @takuma_NEOTRIP

Instagram: @trhc0707